2017年6月20日火曜日

家庭教育講座

6月19日(月) 19時30分~ 公民館講堂にて
「子どもの心に灯を灯す言葉」
青葉小学校 校長 峯田 明子 先生

「自分がまず子ども達に心を開いて表現するんだよ。」
「夜は必ず明ける。何もしないでも必ず明ける。待っていれば明ける。でも何かをして夜明けをむかえた方がすがすがしい。
「やれない理由を考えるな。どうやったらやれるのかを考えなさい。」

「愛深ければ成すこと多し」
・・・ご自身の生い立ちや、教員としての長いご経験の中で、周りの方々から受けた言葉や、子ども達とのふれあいの中で心に残るエピソードなど、たくさん紹介してくださいました。
参加された皆さんのご感想です。
校長先生が言われたように、愛をもって発する言葉は人にきちんと伝わると思います。日頃から言葉を大事にして子どもにも仕事においても関わっていかなければと考えました。
愛情あふれる言葉ばかりで、心が温まりました。ありがとうございました。
熱い想いが言葉に乗り、子ども達の心に響くんだということがわかりました。


0 件のコメント:

コメントを投稿